コピペチェックツール コピペリン

記事作成を
外注している方の
必須ツール

「WEB検索」や「記事同士」のコピペを発見するツールの決定版!!

  • 安心の返金保証
悩み01

記事作成を外注しているけど
コピペに関して不安を感じる

悩み02

過去にGoogleなどから
類似コンテンツとして
ペナルティを受けた事がある

悩み03

大量の記事を依頼した時に
記事同士のコピペを後で気づいた

こんな悩みはコピペリンで
すべて解決!!

記事作成を外注して不安を感じたことがある方は
コピペリンがチェック作業を効率化させ、不安を解消します!

コピペチェックの必須ツール

記事作成などを外注している方には、必須のツールです。
また、自分で執筆している方もたまたま被ってしまうとペナルティを受けてしまうので、チェックされた方が良いでしょう。

何度使っても追加料金なし

何万記事をチェックしても、追加料金など発生しません。

コピペチェックを自動化

ライターから上がってきた記事のコピペチェックや、ファイル間の記事同士のコピペチェックを自動化できます。

記事同士のコピーも見つける

同一テーマで100記事などを依頼した場合、同じ表現では困るという事もこれで解決出来ます。

コピペリンの使い方

HOW TO
STEP01 簡単!

チェックしたい文章を読み込む

POINT 01

チェックする文章の読み込み方法

  • ・ファイルを読み込む
  • ・テキストをコピペで貼り付ける
  • ※ドラッグアンドドロップで読み込み可能
POINT 02

読み込めるファイルの種類を幅広く対応

  • ・TEXTファイル(shift-JIS・UTF-8の両方対応)
  • ・CSVファイル(縦方向、横方向の両方対応)
  • ・Word・Excelファイル(バージョンに制限あり)
  • ・URL指定の読み込み
STEP02 早い!

コピペを探す

POINT 01

WEBからコピペを探す

コピー元のサイト一覧にURLが表示され、
カンタンにサイトが特定出来ます。
また、コピペされてる文節の比較もカンタンです。

POINT 02

記事同士(ファイル同士)のコピペを探す

記事同士の比較もカンタン。
すぐにコピペが見つかります。

様々なパターンからコピペを発見!

POINT 01

記事を選択すると、自動で文節ごとに区切り、細かく分かれた文章を、徹底的にコピペがないかチェックします!

1記事あたりの文字数や、2つの指標からの一致率から割り出し、コピペが疑わしい部分はアラート表示し、すぐにコピペを見つける事が可能です。

POINT 02

対象のWEBサイトと、
自分の記事を全体で比較が可能!

文節ごとのチェックを行い、対象ページとの比較がカンタンに出来ます。

コピペの確認と改善

CASE 01

記事作成を外注している方

外注のライターが書いた文章に、コピペがあるかを確認し、リライトを依頼する
CASE 02

自分で執筆した方

自身で書いた文章のコピペがあるかを確認し、リライトする

開発経緯

Development History

開発元である弊社は、【アフィリエイト秘書.com】という記事作成代行サービス事業を約11年以上行っており、
弊社では今まで、独自開発した社内向けのコピペチェックシステムを構築し、ライターが書いた記事をチェックしておりました。

昨今、WEBでビジネスをする方にとって、コピーコンテンツの意識が著作権法の域を越え、
資産であるWEBサイトの損失を懸念し、ご相談を受ける機会が増えてきておりました。

長年お取引させて頂いておりますお客様からシステムを譲ってほしいという依頼があり、
背景を伺うとクラウドソーシングなどを活用し、
直接頼んだライターが作成した記事にコピペが発見されたという経緯をお持ちの方が少なくなく、
販売用の文章コピーチェックツールの開発に至りました。

主な機能と出来ること

MAIN FUNCTION
FUNCTION 01

文章ごとにチェック

例えば、600文字の記事を独自の仕様で、文節ごとに区切り、
記事全体に対してのコピペでは無く、
より細かく文章ごとにチェックします。

FUNCTION 02

あやしい部分は赤くアラート

『左:中1:中2:右」の数字は
『完全コピー文字数:使用文字一致文字数:照合文章一致率:判定文章一致率』です。

完全コピー文字数
あるサイトから完全コピーをしている可能性があり
使用文字一致文字数
複数のサイトからつなぎ合わせて文章を構成している可能性があり
照合文章一致率
検索でヒットした検索結果を母数とした時に把握出来る文字一致率
判定文章一致率
検索でヒットしたサイトと検索を掛けた文節を分子にした場合に把握できる文字一致率
(判定文章一致率を導入することにより、より精度の高いコピペチェックが実現可能になりました!)

上記を、一覧化してくれ、文章ごとに目視で簡単にチェックが可能です。
※『赤く=アラート=コピペ』ではありません。あくまでもアラートです。

FUNCTION 03

完全コピー文字は下線で表示

完全コピー文字数
あるサイトから完全コピーをしている可能性があり

チェックした結果、単語、表現など文書が全く同じ場合、下線で表記します。
キーワード次第では、完全コピーと判断されても止むを得ない場合もありますので、 目視でのチェックをお勧めます。

FUNCTION 04

あいまい連続一致の文字チェックは赤文字で表示

使用文字一致文字
複数のサイトからつなぎ合わせて文章を構成している可能性があり

複数のサイトの文章をつなぎ合わせていただけだったり、レベルの低いリライトで単語だけの入れ替えなどもこれで発見しやすくなります。

FUNCTION 05

照合文章一致率をグラフ(%)表示

比率が高ければ高いほど、キーワードや単語が被っているだけでは無い可能性が高まるので、チェック効率も上がります。

FUNCTION 06

判定文章一致率をグラフ(%)表示

今まであった照合文章一致率での欠点を補った新しい指標です。
文節の文字数が少ないものでも、コピペの比率がイメージどおり表示してくれ、照合文章一致率と合わせてチェックするとよりコピペを見つけやすくなります。

FUNCTION 07

どこが問題かをすぐにチェックが可能

チェック結果が目的別で分かります。
そして、どこが問題かをすぐにチェックが可能。

  • 気になる指標で降順昇順を変更が出来る
  • 判定文章=検索エンジンで検索をした文節をチェックが可能
  • 照合文章=ヒットした結果と突合チェックが可能
  • 気になるサイト(ページ)の全文と判定したい文章全体を比較が可能
FUNCTION 08

レポート機能

外注したライターさんにレポートを渡してコピペを指摘するのも効率的に
・文節単位やファイル全体をチェックしたい場合 → レポート出力をクリック
・特定のサイトとの比較をレポートしたい場合  → 全文チェック後、レポートとして保存

FUNCTION 09

テキスト貼り付け機能

クラウドソーシングなどで、ライターが仕上げた記事を承認する際など、気軽にコピペリンを使って、コピペチェックしたいというお声をたくさん頂きました。
WEB上のテキスト、Excelやワードファイル、CSVなど、『とりあえず』という感覚でコピペをチェックしたい場合は、とても楽で便利な機能です。
また、ファイルを区切る機能を追加しましたので、複数の記事を一度貼り付け後、読み込みをすれば、文字数カウントも簡単に可能になります。

FUNCTION 10

除外URLの設定が可能

除外URLの設定が可能になり、自サイトのコピーチェックを行う際に最適な機能です。

FUNCTION 11

読み込みファイル数の表示

ファイル数の表示が可能になり、ひと目でアップしたファイル数がわかります。

FUNCTION 12

文字コード

UTF-8のテキストファイル、CSVファイル共に、読み込みが可能です。

FUNCTION 13

設定条件の保存機能

設定条件が、複数保存できるようになり、チェックの手間を減らす事が可能です。

FUNCTION 14

指定URLの読み込み

URL指定の読み込みが可能になりました。 自サイトが盗用されていないかチェックする際に最適な機能です。

FUNCTION 15

様々なファイルが読み込み可能

異なるファイル形式でも一括読み込み可能です。また、EXCELの全てのシートを読み込め、Office2007以降のファイルの読み込み可能です。

※2003を含むそれ以前のバージョンは扱えません

とことんこだわった仕様

Spec
  • 見た目はシンプル

  • チェック基準は
    こだわった仕様

文章ごと区切り、記事全体のチェックではなく、文節ごとにコピペを発見します。
さらに、全文チェック(相手方のページとの全体比較)の機能も実装し、別角度でも発見できます。
完全コピーはもちろんのこと、単語を入れ替えただけのレベルの低いリライトも見つけ出す、あいまい連続一致文字数をチェックします。
判定基準は自分で、カスタマイズ可能。疑い深く、検索レベルを調整可能です。
さらに、コピペチェック精度を維持し、形態素解析を加え、多重処理機能を追加することで高速化にこだわりました。

他社コピペチェックツールとの比較

Comparison
COPIPERIN A社 B社
金額 ¥6,000/年 ¥24,000/年 ¥120,000/年
検索回数 無制限 無制限 8,000回以内
返金保証 あり なし なし
文字数 無制限 100万文字以内 25万文字以内
環境 Windows Windows オンライン
API なし なし あり

※金額は税別

ご利用料金

price
年間ライセンス料
6,000
  • 安心の
    返金保証
    ※決済月内に限る
  • 検索回数
    無制限
  • バージョンアップ
    無料
  • 操作方法などサポート
    無制限
    ※メールのみ

ご購入には「サクツールズ」への会員登録が別途必要です。

お支払い方法
  • 各種クレジットカード(Paypalによる決済の場合、すぐライセンスを発行可能です)
  • 銀行振込

※お支払いは年払いのみとさせて頂きます。
※入金確認完了後、プロダクトキーをご案内致します。
※2年目以降も継続的にご利用いただきたい場合は、1年間の更新ライセンス料をお支払い頂きます。
利用者目標数に達し次第、値上げを予定しております。

サポートについて:操作方法などのサポートは、ご契約期間中は無制限で対応させて頂きます。
但し、メールのみのサポートとなります。

ご購入者特典
ご購入の方のみ無料で『アッチューマエディター(高機能エディター)』が使えます
記事データをMovableType、Wordpressのインポート形式に変換できる機能や、
記事中の出現キーワード数のカウントなど、サイト作成をより効率化できるツールです。

返金保証

Money-back guarantee

決済後、使用してみて、コピペリンが「イメージと違う」「キャンセルしたい」という場合などご連絡ください。
お支払いいただいた代金を返金致します。(※条件有り)
動作はもちろんの事、コピペのチェックを基準など厳格にしており、ソフトの出来上がりを自信を持ってお勧めしておりますが、
コピペリンのバージョンアップに参考にさせて頂きます。

返金条件

下記2つの条件を満たした場合、返金を致します。
誠に恐れ入りますが、決済・振込手数料などは返金致します金額から引かせて頂きます。
会員ページ(サクツールズ)の管理画面のお問い合わせフォームより、返金の旨をご連絡ください。

条件.1
決済した同月内にご連絡ください
条件.2
返金の理由を教えてください

動作環境・利用上の注意

Operating Environment
コピペリンの動作には
PC1台に対して、1シリアル番号が必要となります
OS Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10
※64bit,32bit どちらも対応
モニター 800×600 ドット以上
メモリ 1GB以上
ライセンス 1契約でPC1台に付き1ライセンス
  1. 1.ソフトウエアを使用する際には、インターネット接続が必要
  2. 2.マイクロソフト社提供の.NET Fremework4.5以上が必要
  3. 3.日本国内で利用可能(PCの言語及びロケールは日本語、タイムゾーンは日本)
チェック可能な拡張子

txt / csv / xlsx / xlsm / docs / docm / pptx / pptm / html / htm
※ファイル内容によっては読み込めない場合がございます

コピペリン ディフェンダー